グルメ情報
ホーム > グルメ情報 > 絶対食べたいシンガポール料理 ベスト5

絶対食べたいシンガポール料理 ベスト5

シンガポールの人気料理、日本では、あまりお目にかかれないようなローカルフードで、シンガポールに来たからには、絶対食べておきたい料理があります。

ガイドブック、インターネット、タクシーの運転手や駐在員から教えてもらった情報をもとにベスト5を選びました。

チリ・クラブ(Chili Crab)

シンガポールに来た人は、絶対食べたい一品。スリランカクラブを使ったかチリクラブは、かに身だけではなく、ソースもおいしいくいただけます。四角い揚げパンにつけて食べるとより楽しめます。

バクテー 肉骨茶(Bak Kut Teh)

シンガポールで唯一その場で追加注文してしまったバクテー。シンガポール人もバクテーは一押しです! 骨付きの豚のリブを漢方のハーブとスパイシーな胡椒で煮込んだ味は、絶妙なバランスです。

ラクサ(Laksa)

中国とマレー文化の融合で生まれたプラナカン料理の代表的料理。少しピリッとしココナッツミルク味の濃厚なスープは、米でできた麺でいただく。えびや貝、魚の練り物などがトッピングされます。

海南風チキンライス
(Hainanese Chicken Rice)

シンガポールの代表的料理といえば、チキンライス。中国の海南から伝わったこの料理は、チキンをゆでただしで米を炊くので、ごはんが非常においしいです。

フィッシュ・ヘッドカレー
(Fish Head Curry)

伝統的は、インドのカレーにレッド・スナッパーという魚の頭を入れたシンガポールの名物カレー。酸味がありスープはさらっとしています。

[スポンサードリンク]

関連記事