グルメ情報
ホーム > グルメ情報 > ローカルフードを食べつくす > 麺類

麺類

シンガポール人は、麺類を非常によく食べます。気軽に食べることができるので人気のようです。

ここでも、日本ではあまり食べないコメを使った麺やエビのだしでとったスープをつかっていたりするので、味の違いが楽しめます。

ラクサとプラウン・ミーは、特におすすめです。

ラクサ
(Laksa)

絶対食べたいシンガポール料理で紹介したプラナカンを代表する料理のラクサ。ココナッツミルクの濃厚さと、米の麺のあっさり感がよくあいます。

プロウン・ミー
(Prawn Mee)

麺類で二番目に食べたいのは、エビのだしが効いたプロウン・ミー。なんとも贅沢なえびのスープは、大変おいしいです。エビだけではなく、豚肉もトッピングされてボリュームもあります。

フィッシュ・ボール・ミー
(Fish Ball Mee)

大変あっさりしたしたスープに、コシのあるフィッシュ・ボールが添えてあります。麺は、種類が何通りかあって、店によってことなります。

フライド・ホッケン・ミー
(Fried・Hokkin・Mee)

黄色い麺と米の麺を両方使い、エビやいか、もやしなどと一緒にいためてあります。クセがなくあっさりしていて、たべやすいです。

チャー・クェイ・ティアオ
(Char Kway Teow)

黄色い福建麺と米の平べったい麺をあわせて黒砂糖醤油で炒めたもの。店によって、味が違い、かなり甘い味付けのところもあります。味はこってりしています。

ミー・ゴレン
(Mee Goreng)

マレー風の焼きそばの、ミー・ゴレン。ピリ辛味で、年中暑いシンガポールでは、いつでも食べたくなります。

[スポンサードリンク]