グルメ情報
ホーム > グルメ情報 > ローカルフードを食べつくす > スープと野菜料理

スープと野菜料理

油っこいものばかりを食べているとあっさりした料理や野菜が食べたくなるものです。

日本食のような、生サラダは少なく、炒めてあるものやソースのかかったものが中心ですが、大変おいしいです。

カン・コン
(Kang Kong)

おそらくシンガポールで一番よく食べられている野菜ではないでしょうか?空芯采のガーリック炒めです。ほんとに茎の中に、空洞があります。。

ロジャ
(Rojak)

ロジャは、きゅうり、グァバ、パイナップル、揚げパンなどをこってりとした甘辛いソースであえてあります。何を食べているかわからない楽しさがあります。

キャロット・ケーキ
(Carrot Cake)

イギリスでいう、甘いにんじんのケーキではありません。大根餅を卵でいためた香ばしい料理です。もっちりしていて食べやすいです。

バクテー
(Bak Kut Teh)

絶対食べたいシンガポール料理でも紹介しましたが、漢方のハーブと胡椒のスパイスの効いたスープは、大変美味。ラーメンのように、食べ歩きがしたくなる料理です。

[スポンサードリンク]