グルメ情報
ホーム > グルメ情報 > シンガポール おすすめレストラン > Lau Pa Sat (ラオ・パ・サ)

Lau Pa Sat (ラオ・パ・サ)

[スポンサードリンク]

シンガポールで絶対食べてみたい料理のうちの一つが、マレー系のシンガポール料理サテー。屋台風な風景とサテーの見かけは、日本の焼き鳥と似ていますが、味はまったく違うところがおもしろいです。

サテーは、鳥だけではなく豚や牛、えびなどの串焼きが楽しめます。一番の違いは、これらの串焼きを濃厚で少し甘いピーナッツソースをたっぷり付けて食べることです。

そんなサテーの味とシンガポールのローカル雰囲気を存分に味わえるのが、ホーカーズのラオ・パ・サです。シンガポール、マレー、インド、中華などさまざまな味が楽しめる場所でもあります。

なんといっても、19:00時から路上を封鎖して、作られる野外レストランは、サテーの屋台の雰囲気と妙にあっています。

ラオ・パ・サのもうひとつの名物というか、名人といえば、ティー・タリーを作るおじさんです。ティー・ターリーというのは、紅茶にコンデンスミルクを加えたものですが、このティー・タリーができるまでの過程を見ているのは、一瞬ですがとても楽しいです。

カメラを向けても動じることもなく余裕でパフォーマンスをしてくれるところはさすがです。サテーとともにおすすめです。

ラオ・パ・サ 情報

MRT南北線 東西線が重なる駅、ラッフルズプレイス出口Fの前の、ラッフルズ・キー・ストリートを少し南へ下った右手。

営業時間:11:00頃~22:00頃 サテーの屋台は、19:00~
住所:18 Raffles Quay

[スポンサードリンク]