基本情報
ホーム > 基本情報 > シンガポール概要

シンガポール概要

国名

シンガポール共和国 (Republic of Singapore)

面積

699平方キロメートル(東京23区とほぼ同じ)

人口

448万人(2007年)

民族構成

中華系75.2%、マレー系13.6%、インド系8.8%、その他2.4%

言語

英語、中国語、マレー語、タミール語

宗教

仏教、回教、キリスト教、道教、ヒンズー教

祝祭日

New Year 1月1日 元旦
Chinese New Year 2月18,19日 中国の旧暦正月
Good Friday 4月6日 キリストの復活を祝う復活祭
Labour Day 5月1日 労働者の日
Vesak Day 5月31日 釈迦誕生祭
National Day 8月9日 シンガポール共和国独立記念日
Hari Raya Haji 10月13日 イスラム教の祭日
Deepavali 11月8日 ヒンズー教の祭日
Hari Raya Haji 12月20日 イスラム教の祭日
Chritsmas Day 12月25日 クリスマス

※日付は、2007年度になります。

通貨

シンガポールで使われている通貨はシンガポールドル(S$)。お札は2ドル、5ドル、10ドル、50ドル、100ドル、1000ドル、10000ドルがあり、硬貨は、1セント、5セント、10セント、20セント、50セント、1ドルがあります。

お札50ドル札以上は、出すとおつりがないといわれることもあるので、なるべく使わないようにした方がいいでしょう。

電圧

シンガポールの電圧は、220~240V,50Hzです。コンセントはピンが3つ(B3型)でピンの形が長方形をしたタイプです。

通常の日本の電気製品を使うには、変圧器とシンガポール用のコンセントが必要ですが、ホテルによっては、用意してくれるところもあります。

電話

公衆電話は、市内電話・国際電話のどちらへもかけることができます。市内電話は、3分で10セントの通話料です。プリペイドカードは、2ドル、5ドル、10ドルなどがあり、郵便局やコンビ二などで買うことができます。

国際電話のプリペイドカードは、10ドル、20ドル、50ドルがあり、郵便局、シンガポール・チャンギ空港、セブンイレブンなどで購入することができます。

国際電話のかけ方 日本からシンガポールへ
国際電話識別番号 010 + シンガポールの国番号 65 + 相手先の電話番号
国際電話のかけ方 シンガポールから日本へ
国際電話識別番号 001 + 日本の国番号 81 + 市外局番から0を除いた番号

郵便

日本への航空郵便は、ハガキが50セント。手紙が20gで1.10ドル。そして、10g追加ごとに、35セントの料金がかかります。(最大2kg)また、郵便局は、月曜日~金曜日の午前8:30~午後5:00まで、土曜日の午後1:00まで営業しています。

websiteでは、Calculate Postageのページでは、荷物の料金が計算できるサービスもあります。
URL:http://www.singpost.com.sg/singpost_01consumer.htm

気候

シンガポールの年間平均気温は、26~27℃で湿度も高いです。そして、3~10月は乾季、11月~2月は、雨季で、特に12月は、一年の中で特に、雨が多くなります。また、乾季であっても南国特有のスコールがときどきあります。

服装

シンガポールは一年を通じて暖かく、湿気が多い国なので、夏服が最適です。ただレストランやショップなどの室内では冷房がきついので、カーディガンなどで温度調節するといいと思います。

また、フォーマルなドレスコードを設定している施設もありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

チップ

シンガポールでは、料金の中に、すでに10%のサービス料が含まれているのでチップは不要です。また、空港ではチップは禁止されています。

水道水は飲んでも大丈夫です。もちろんボトル入りのミネラルウォーターなどは、コンビ二やスーパーマーケットで購入することができます。

[スポンサードリンク]