基本情報
ホーム > 基本情報 > マーライオン

マーライオン

[スポンサードリンク]

シンガポールの象徴ともいえるマーライオンは、頭がライオンで、体が魚を持っています。マーライオンの名前の由来は、シンガプーラの発見の伝説に関係しています。

昔、マレーシアの王子が、このシンガポールに上陸したときに見た不思議な獣が、ライオンだったそうです。そこで、王子は、この大地を、サンスクリット語でライオン(Singa)の都市(Pura)、シンガプーラと名付けたそうです。

そして、シンガポールは、テマセックというジャワ語で海を表す言葉で知られていました。フランス語で、海を表す言葉は、Merで、王子が見たライオンを合わせてマーライオンになったと言われています。

マーライオンは、実はシンガポールに5つあります。マーライオン公園にメインとミニがあり、セントーサに37mの巨大なのがあり、あとは政府観光局前と、マント・フェーバーというところにあります。

マーライオンと言えば、デンマークの人魚姫、ブリュッセルの小便小僧とともに、世界三大がっかりとよく耳にしますが、現在のマーライオンパークに移動する前の話のことで、今は評判は上がっているのではないでしょうか?

現在の場所では夜景が大変奇麗に見えますし、ビジターも多いので大変にぎわっているように見えます。時間があればぜひがっかりしにいってみてくださいね。見た目より小さいといわれているマーライオンは、高さ、8.6mで、重さ70トンもあります。

マーライオン公園
最寄駅:MRTラッフルズ・プレイス
行き方:MRTラッフルズ・プレイス出口Hを出て、ザ・フラトンホテルへ向かって歩いていく。フラトン・ロードを渡れば見えてきます。

[スポンサードリンク]