基本情報
ホーム > 基本情報 > 交通機関 > シンガポールのバス

シンガポールのバス

MRTでいけないところもバスなら網の目上に路線が張り巡らされているので、使いこなせれば大変便利です。

主要バス会社は、SBS、SMRT、SSBなどあり、SBSのバスが一番目に付きます。路線によっては、ダブルデッカー(二階建てバス)だったり、エアコンがなかったりすることもあり、旅を愉快にしてくれます。

バスを利用すると、学校へ行く子供や、買い物袋をぶら下げた人や、町に出て行く労働者などローカルの人の生活を垣間見ることができます。

バスの乗り方

シンガポールのバスは、バス停で待っているだけでは、止まってくれず、自分の乗るバスは、手を上げて止めなければいけません。バス停では、必ず路線番号と行き先ば見れるので、乗る前に確認しましょう。

バスに乗れば、運転手に行き先を告げ、お金を払うか、イージーカードをセンサーに通せば乗車できます。現金払いは、おつりが出ないので、バスに乗るときは、必ず小銭を持っておくようにしたいです。

バスの降り方

バスを降りるときは、日本と同じで、ブザーを押すと次の駅で止まってくれます。イージーカードを使った場合は、もう一度センサーに通せば下車できます。

センサーの通さなくても降りることはできますが、通し忘れると、一番高い金額が、自動的に徴収されるシステムになっているので、絶対忘れないようにしたいです。

また、バス停には名前がなく、どこで降りるかわからないこともあると思うので、はじめに運転手さんに教えてもらえるように言っておくと教えてくれます。

ただ、伝えたにもかかわらず忘れる運転手もいることは、頭にとめておいてください。運転手さんが、うっかり忘れていて、欧米の方が、怒って下車していったのをたまたま見てしまいました。

万が一、乗り過ごしたとしても、一区間ぐらい歩いていける距離なので心配はいらないと思います。

バス情報
料金は90セント~
SBS:http://www.sbstransit.com.sg/
SMRT:http://www.smrt.com.sg/buses.html

[スポンサードリンク]