特集記事
ホーム > シンガポールかに料理決定版!

シンガポールかに料理決定版!

[スポンサードリンク]

シンガポールの代表的ローカル料理の一つに、チリクラブというかに料理がありますが、はじめてチリクラブを目にした時は、日本のかに料理との違いに驚くかと思います。

シンガポールのかに料理は、チリクラブだけでなく、ブラックペッパークラブ、ホワイトペッパークラブ、バタークラブ、クレイポットクラブなど様々な味で楽しむことができます。

そして、せっかくシンガポールまできて豪快なかに料理を食べるのならできる限り評判の良いお店で食べたいと思い、リサーチして、行ってきました。

01. パームビーチ(PALM BEACH)

1956年創業の老舗でチリクラブの発祥の店、パームビーチ。マリーナベイを一望できるロケーションでシンガポールを楽しむ...続きを読む

02. ロングビーチ(Long Beach)

チリクラブと人気を2分するブラックペッパークラブ発祥のお店、ロングビーチ。都会から少し離れ、のんびりしたデンプシーへ...続きを読む

03. ノーサインボード(NO SIGNBOARD)

ゲイラン地区に住むシンガポール人一押しのかに料理がノーサインボードのホワイトペッパークラブということでゲイランへ...続きを読む

04. メルベンシーフード(Mellben Seafood)

白濁のスープとビーフンで食べるかに料理のクレイポットクラブやクリーミーなバタークラブが有名な超ローカルなお店、メルベンシーフードへ...続きを読む

かに×旅:日本・世界のかにを食べつくす究極の旅サイトのご紹介!

かに×旅:日本・世界のかにを食べつくす究極の旅行サイト!

http://www.kani-tabi.com/

かにが好きな方はこちらも必見です!
姉妹サイト、「かに好き」と「旅好き」を掛け合わせ、日本だけでなく海外のかにをも食べつくす究極の旅行サイトです。

[スポンサードリンク]