お役立ち情報
ホーム > お役立ち情報 >  旅の手配をする > 海外旅行保険

海外旅行保険

海外旅行保険とは?

海外旅行先で、けがをしたり、病気になったり、他人をケガさせてしまったり、物を壊してしまったり、物を盗まれたりした時にかかる費用を補償してくれるのが海外旅行保険です。

海外での事情は、日本とは異なります。けがや病気などの入院費が場合によっては、200万以上かかることもあります。他人に偶然危害を加えてしまって、損害賠償を請求されることもあるかもしれません。また、スリなどの被害にあうかもしれません。

ですから、万が一の惨事に備えて保険は入っておいたほうがよいと言えるでしょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険について

最近では、クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているので大変うれしいです。ただ、どこまで補償してくれるのかを、しっかり把握しておかないと、もしもの時に役に立たなければ意味がありません。

ポイントとしては、傷害や疾病治療費用などは、補償されるのか、補償される場合、いくらまで補償されるのか、また賠償責任はいくらまで補償されるのかを事前に調べておきましょう。

補償額だけでなく、海外サポートもしっかり調べておきたいです。日本語で24時間対応かどうか、またキャッシュレス治療に対応しているかどうかなどもあわせて調べておきましょう。

海外旅行保険の選び方

海外旅行保険のタイプには、セットタイプとオーダーメードタイプがあります。

セットタイプは、傷害・疾病治療、傷害死亡・後遺症傷害、疾病死亡、賠償責任、携行品損害などの基本的な補償がセットになっており、通常ほとんどこれでカバーされます。

そして、例えば、入院一時金などセットになっていない補償を追加したい場合などは、オプションとして追加することができます。

一方、オーダーメードタイプは、補償項目を自分で決めることができたり、補償額も自分で決められます。ですから、保険付帯のクレジットカードとの併用する場合に有効です。

ネットで申し込める海外旅行保険

損害保険ジャパン

新海外旅行保険-Off!(オフ)は、業界で初めて、行き先別や、一日刻みの保険料が設定が可能なので、無駄のない保険料です。

新海外旅行保険-Off!(オフ)

保険料最大40%OFF!!
行き先別、一日刻みで設定可能!
キャッシュレス治療や24時間対応で充実サポート!

海外旅行保険用語解説

海外旅行保険を申し込む際に、どの補償がほんとに必要なのかを自分である程度決めるのに役立つと思い書いてみました。

傷害死亡・後遺障害

ケガや事故によって死亡したり、後遺症が残った場合に支払われる。

傷害治療費用

事故やケガをした場合の治療費が支払われる。

疾病治療費用

病気の治療費が支払われる。

賠償責任

偶然な事故によって、他人に危害をあたえたり他人のものを壊してしまった場合の賠償額が支払われる。

携行品損害

カメラやカバンなどの携帯品が、偶然な事故によって盗難や破損の被害にあった場合の損害額が支払われます。

救援者費用

ケガや病院で入院したときなど、親族らが、現地まで来る際の交通費や滞在費が支払われます。

航空機寄託手荷物遅延費用

飛行機の手荷物の到着が遅れ、身の回りのものを購入したときの費用が支払われます。

航空機遅延費用

航空機の出発が遅れたことなどによりホテル代や食事代を自己負担した費用が支払われます。

[スポンサードリンク]